ゆらりか通信

札幌の布雑貨とソーイングのお店・yurarika*店主の日常雑記。
パターン番号とパターン名の話

20200710-1

 

yurarikaオリジナルパターンが今の形になったのは2007年。

2005年から始めたソーイングクラスのために作った型紙を、

1か月の教室だけで終わらせてしまうのはもったいないと思っていました。

1つの型紙ができあがるまでの試作からレシピ作成までは、

けっこうな時間がかかります。

それを月替わりの教室が終わってからも活用したい。

 

ソーイングクラスを始めた頃のレシピは手順のみの箇条書きで、

写真はなく、つたないイラストが添えられたA4サイズ一枚のもの。

そこから発展させ、工程を写真に撮り、

手順をテキストで編集したものを作ってみました。

きっかけは、箇条書きとイラストでは作るのが難しいかも、

というレシピを教室でやったこと。

工程をひとつずつ撮影し、画像を編集し、テキストを加え、

ページ構成をして、今の原型のようなレシピを作りました。

2回コースで作った初めての大物バッグです。

教室では「わかりやすい!」と、とても好評だったので、

次回からもこれで!ということになりました。

 

ここから教室で作ったものを順にオリジナルパターンとして販売をスタート。

パターンには通し番号をつけることにしました。

「pa001」のpaはパターンの意味、数字は3桁で001から始めました。

数字を見れば新しいのか古いのかがわかります。

パターン名は同じものが重ならないようにつけています。

当初はすべての型紙を違う名前に、と思っていましたが、

形違いの同じアイテムが出てきたときにネーミングに困り、

2つめからは【2】、【3】と連番にしていくことにしました。

いつ2つめが登場するかはわからないので、初めてつける名前の時は番号なし。

なので、【1】がついている型紙はありません。

 

20200710-3

 

パターン番号とパターン名は、オリジナルパターンの表紙と、

レシピ本文、型紙1枚ずつに入っています。

もしも型紙が混ざってしまってもわかるようにしてあるので、

わからなくなったらココをチェックしてみてくださいね。

 

当初は教室で使ったすべての型紙を販売しておらず、

教室用のレシピにはパターン番号を入れていなかったのですが、

入っていた方がわかりやすいとのことだったので、

最近のものには番号を入れています。

番号がない教室レシピでもパターン名が共通なので、

パターンの名前で確認することができます。

 

2007年から販売しているレシピがまだいくつか残っていますが、

初期の頃のは写真の枚数が少なく、テキストも必要最小限。

数年経ってからAコース(初心者向け)で再び使ったときに、

写真の撮り方が数年の間に変わっていたり、

テキストをもっと増やした方がいいなと思うことがあります。

Aコースでは同じレシピを繰り返し使っているので、

古いものは時々作り直してリニューアルしています。

作り直した時に、手順が以前のと同じで、型紙にも変更がない場合、

(写真とテキストを増やしただけで完成品はまったく同じもの)

同じ番号と名前で、表紙の写真のみを入れ替えます。

手順が変わっていたり、型紙のサイズを変更した場合は、

パターン名はそのままか【2】などで更新し、パターン番号は新しくします。

 

パターンの数が200を超えたあたりから、

通し番号は順番に記録しているのでいいのですが、

基本のパターン名が同じものが何番まであるのかわからなくなってきて、

整理しないといけないなぁ、と思っています。

それで先日の「ペットボトルケース」の【2】がもうあったのに、

ないと思って【2】で8月の案内を出したら【3】の間違いだった、

なんてことが起こったりします。

 

いずれ整理してホームページにもわかりやすく掲載したいと思います。

長い文章になってしまいましたが、

型紙購入の時の参考になればと思います。

 

ちなみに。最近の人気パターンは「pa218/小さいエコバッグ」

「pa119/ナイロンのエコバッグ【2】」とセットで購入する方も多いです。

「小さいエコバッグ、すごく使っています!」という声も多数。

ちょっと手間はかかりますが、便利なのでおすすめです。

 

 

◇お買い物はこちらから

 

yurarika web shop

 

 

ランキングに参加しています。

ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

インスタグラム

20200117-6

 

| ショップ/お店の話 | 14:38 | comments(0) | - | pookmark |
ペットボトルのサイズの話

20200706-1

 

わたしは普段ペットボトル飲料をほとんど購入しません。
出かける時は空いたペットボトルを水筒代わりにして
水を入れて持って歩くので、
外で飲み物が必要になることがあまりないのです。

(水筒も持っているけれど重たいので…)
仕事場である店内では湯沸かしポットでお湯を沸かしてお茶を入れ、
夏は冷蔵庫で水出しのお茶を作るので、

店内用にペットボトル飲料を常備しておくことはほぼなし。

なので、8月Aコースでペットボトルケースを作るにあたり、
コンビニにリサーチしに行きました。
目的は600mlサイズが今どうなっているのかを調べるため。

 

ひさしぶりに飲料コーナーをよく見てみると、
お茶はほとんどが600mlになっていました。
いつから?というくらいのびっくり感です。
高さは変わらないので外周が少し大きいんだなと思い、
サンプルに1本購入。
一番太い部分を測ると0.7僂らい長い(個体差あり)。
試しに前のケースに入れてみると、入るけれどかなりぴちぴち。
うーん、これはサイズアップが必要だなぁ、
というわけで、型紙更新となりました。
高さについては、前回Aコースで作った時(2016年8月)に気になりつつも、
型紙を新しくするほどではないと思って
そのままにしていたのを思い出して、ついでに修正。

 

600ml問題が解決し、ならば350mlは今どうなっているのかと、
ふたたびコンビニへ。
最寄りのコンビニでは、なんと、350mlはお茶が1種類のみ。
小さいサイズはほとんど置いていない上にサイズがばらばらで、
筒の太さも高さもバラエティーに富んでおり、
350ml用として1種類のケースにおさめるにはちょっと無理があるなぁと、
今回廃番にすることにしました。

 

このペットボトルケースのパターン「pa122/ペットボトルケース」は、

ずいぶん古くて2006年10月に作ったのが一番最初です。

(パターン番号が【2】よりも新しいのはリニューアルしているため)
その後持ち手付きの「pa059/ペットボトルケース【2】」も作りましたが、
Aコースを一年計画でスタートした2013年にこのレシピを写真化し、

7年ぶりのリニューアルとなりました。

ペットボトルのサイズはそうそう変わらないと思っていたので、
500mlを超えるサイズが出た時はびっくりしたものですが、
600mlがスタンダードになる日もそう遠くないのかも。

 

そんないろいろな理由で、下記の型紙を8月末で廃番といたします。

「pa122/ペットボトルケース」

「pa059/ペットボトルケース【2】」

今回製作の新しいサイズの型紙は9月から販売開始予定です。

 

※訂正

8月のAコースの案内に「ペットボトルケース【2】」と記載しましたが、

【3】の間違いでした。

 

 

 

「マスクの作り方」ブログで公開中(カテゴリ内リンク)

 

◇お買い物はこちらから

 

yurarika web shop

 

 

ランキングに参加しています。

ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

インスタグラム

20200117-6

| 布小物製作うらばなし | 13:41 | comments(0) | - | pookmark |
8月のソーイングクラス Bコース

20200630-1

 

8月のソーイングクラス、Bコース(中級者向け)は、

「ダブルファスナーポーチ【4】」です。

ビニールコーティングの生地で作ります。

 

20200630-2

 

ポーチのメイン部分と前面にファスナーをつけて、

背面にはオープンポケットをつけました。

 

20200630-3

 

A5のノートが入るサイズ。

 

20200630-4

 

ファスナー口にひっかからない寸法にしたので、

ノートがすっと入ります。

 

20200630-5

 

2冊を奥まで入れたところ。まだ余裕があります。

 

20200630-6

 

マチのない小さめのポーチ類が3つ。

 

20200630-7

 

手前のファスナーポケットにポーチを、

メインポケットにはノートが2冊入っています。

 

20200630-8

 

ファスナーを閉じるとこんな感じになります。

実際にわたしが持ち歩いている荷物です。

 

20200630-9

 

背面のオープンポケットには、仕切りを入れることもできます。

中央にステッチミシンを入れて仕切るとハガキサイズです。

 

20200630-10

 

上の荷物が入った状態でこのくらいはみ出します。

 

20200630-11

 

仕切りなしでA5のノートを入れると少しだけ出ます。

 

ポケット部分は3つありますが、ビニールコーティングの生地は2枚です。

メインポケットと外ポケットは底で「わ」にしてあります。

内袋はつけず、脇をパイピング始末にしています。

 

20200630-13

 

ダブルファスナーポーチのレシピはいくつかありますが、

布帛生地で作ると内袋が必要なのでパーツも工程も多くなります。

ビニールコーティングの場合は裏地なしで作れるので、

ファスナーを2本つける工程がそれほど負担にならないです。

 

8月のBコースは暑さ対策のため、

アイロン作業のないビニールコーティングを使います。

(パイピングでアイロンを使いますが低温で短時間なので大丈夫です)

何を作ろうか考えていた時にA5のノートが入るサイズが必要になり、

ファスナーポケットはもうひとつほしいなぁ、

せっかくだからポケットを後ろにもつけよう、

という感じで構想していったらこんなポーチになりました。

バッグinバッグのように使えます。

 

わたしはメインバッグの中身を軽くするため、

あまり使わないものをサブバッグに入れることにして、

このポーチにぎゅぎゅっと詰めることに。

メインポケットをノート専用にしたのでノートを保護できます。

サブのファスナーポケットはぱんぱんですが、

こまごましたモノがひとつにまとまってすっきりしました。

 

20200630-12

 

教室のキットはこちらの3色で、ファスナーは2本とも同じ色です。

パイピング布は花柄でこちらもそれぞれ色合わせをしています。

花柄が大きいため、キットにより柄の出方が異なりますが、

大きいサイズ一枚で出すので、裁断の時に柄の位置を微調整できます。

各色数量限定となります。

 

8月のソーイングクラスは7月2日(木)からご予約スタートです。

 

 

「マスクの作り方」ブログで公開中(カテゴリ内リンク)

 

◇お買い物はこちらから

 

yurarika web shop

 

 

ランキングに参加しています。

ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

インスタグラム

20200117-6

 

 

| ソーイング | 12:51 | comments(0) | - | pookmark |
8月のソーイングクラス Aコース

20200629-1

 

8月のソーイングクラス、Aコース(初心者向け)は、

「ペットボトルケース【3】」です。

 

教室でペットボトルケースを作るのは4年ぶりです。

最近600mlサイズのボトルも増えてきたようなので、

あらためてサイズを検証してみました。

既存パターンの「pa122/ペットボトルケース(500ml・350ml)」に、

600mlのボトルを入れてみたところ、

入るけれど、ちょっとぴったりすぎな感じです。

入れる時にストレスがかかるぴったり感だったので、

サイズを少しだけ大きくすることにしました。

外周を0.8cm、高さを0.5cm増やし、

他は元のパターンを生かしてそのままにしました。

 

20200629-2

 

表地は2種類の生地を3枚はぎにして切り替えを入れ、

裏地を表側に持ってきてひも通しにしています。

裏地付き巾着袋のような構造です。

 

20200629-3

 

底は正方形です。

袋の底を丸にしなくても上の方で筒になるので大丈夫。

底を円形にしてカーブの工程を入れると難しくなるので、

簡単に作れるようにしています。

マチは型紙に入れてあるので、

裁断した通りに組み立てればマチを作れます。

 

20200629-4

 

袋はサイズアップしましたが、500mlと600ml兼用のケースです。

左から、ピンクには500ml、黄色には600ml、

ラベンダーは元のパターンで500mlが入っています。

見た目はそれほど変わりなく、新しい方に500mlを入れた時に、

ちょっとゆったりした感じがあります。

黄色の600mlはジャストサイズです。

 

今までのパターンには350mlサイズも作れるよう、

型紙を付属してありましたが、

今回は350mlサイズを作らないことにしました。

ペットボトルのサイズが幅広くなってきて、

小さいものは高さも筒の太さもいろんな種類が出ています。

1種類のケースにおさめるのはちょっと難しいと思い、

500と600の兼用サイズ1つにしました。

以前のパターンは2020年8月末で廃番となります。

350mlサイズを作りたい場合は、

「pa086/水筒ケース」をご利用ください。

ちなみに。

水筒ケースの500mlタイプは、もともと水筒用で外周が大きいので、

600mlも難なくすっと入りました。

 

8月Aコースのポイントは、マチ付きの立体の組み立てと、

外表で縫い合わせる方法です。しつけのかけ方も行います。

4月からやっているいろんな要素が含まれたレシピです。

これからスタートしたい方は、

7月の「リバーシブル小物入れ」からでも大丈夫なので、

「出遅れた…」とあきらめずにご検討くださいね。

 

20200629-5

 

キットは4月の巾着袋、6月のカードケースとお揃い生地です。

色の組み合わせも同じにしてあります。

お揃いで使ったり、3色コンプリートもできますね。

 

8月のソーイングクラスは7月2日(木)よりご予約スタートです。

 

 

「マスクの作り方」ブログで公開中(カテゴリ内リンク)

 

◇お買い物はこちらから

 

yurarika web shop

 

 

ランキングに参加しています。

ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

インスタグラム

20200117-6

 

 

| ソーイング | 14:48 | comments(0) | - | pookmark |
ナイロンのエコバッグ販売中です

20200627-1

 

ナイロンのエコバッグ3種類、販売中です。

 

20200627-2

 

マスクとマスクケースもありますよー。

 

20200627-3

 

マスクはワイヤーのありなしで色が欠けてるものもありますが、

現在販売中の色柄はほぼ全種類揃っています。

 

20200627-4

 

マスクケースはちょっと色数が減っており、

手前からネコのブルー、紫、オレンジ、木の黄色の4柄です。

木の緑と茶は来週以降に追加予定です。

 

ナイロンのエコバッグ3種類はweb shopのカートからご注文できます。

他のブログ掲載商品も通販対応できますので、

メールにてお問い合わせくださいね。

 

今週は8月のソーイングクラスのサンプルを作ったり、

おたよりの準備をしています。

8月の教室については来週お知らせします。

 

 

「マスクの作り方」ブログで公開中(カテゴリ内リンク)

 

◇お買い物はこちらから

 

yurarika web shop

 

 

ランキングに参加しています。

ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

インスタグラム

20200117-6

 

| ショップ/お店の話 | 13:14 | comments(0) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ハンドメイドショップブログランキング
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE