ゆらりか通信

札幌の布雑貨とソーイングのお店・yurarika*店主の日常雑記。
ミシン更新〜ジャノメMD600

20191108-1

 

10月の中頃、教室用のミシンを1台入れ替えました。

ミシンを買うまでの顛末はそのうち分室の方で書こうと思いますが、

使い勝手について記録しておきたいと思います。

(長いので興味のある方、お時間ある時にお読みくださいませ)

 

教室では家庭用ミシンを使っています。

スタートからずっと使用しているのはJUKIのliza-20zですが、

現在は廃番となっていて、JUKIには近いタイプのものがもうないとのこと。

なので、今回購入したのは違うメーカーのミシンです。

ジャノメのMD600という、初心者向けのモデル。

機能はJUKIのとほぼ同じですが、微妙な使い勝手の違いがあります。

慣れると便利に感じる機能もあり、使いやすいミシンです。

 

大きな違いは

1.縫い終わりの時に自動的に針が上がる

2.返し縫いレバーを押すと自動的に返し縫いが始まる

3.ファスナー押さえの時のガイド線の使い方

 

1について。

ミシンの針は、縫い終わって押さえ金を上げる前に、上げた状態にします。

(天秤を一番高い位置にする)

liza-20zは縫い終わってフットコントローラーを止めた時にすべて止まるので、

手動で戻していました。

ただし、ミシンを止める時は縫い終わったときとは限らず、

角を曲がったり、難所を乗り越えたり、

1回のミシンの間にいろんな作業が入ることがあります。

止めるたびに針が上がると不都合なこともあるため、

この機能は正直必要ないと思っているのですが、

いざ使ってみると、そんなにストレスなく使えると感じました。

 

そもそも、いつも狙った場所に針を止められるわけではないので、

どちらにしても途中の作業は手動で行うことになり、

作業回数の差はあまりないと思います。

それよりも、縫い終わったときに常に正しい位置に戻るということは、

トラブルが減ることにつながります。

天秤が正しい位置に戻っていない状態で糸を引き出すと、

糸がからまる原因になるからです。

教室ではミシンの正しい使い方から始めて、

手順を覚えるまではしつこく注意をします。

それでもうっかり糸をからませてしまう事態はしょっちゅうなので、

この機能があれば、教室中のトラブルは減らせるかなと感じました。

ただ、縫い終わったときの正しい位置については覚えておかないと、

手動で動かしたときに戻せなくなってしまうので、

一年目は今まで使っていたミシンを使ってもらおうと思います。

 

2について。

自動の返し縫いは低速に設定されていて、

スピードはそれ以上出ないようになっています。

このモデルはボタンでスタート/ストップをするので、

ロケットスタートにならないためについている機能と思われます。

後付けのフットコントローラーをつけていてボタンは使わないので、

これはそんなに必要ないかなと感じました。

逆に、返し縫いで印ぴったりに合わせたい時に、

自動で動くので手動で合わせに行けないのが不便です。

最終手段としては布を上下ひっくり返すという手もありますが、

できれば向きを変えずに作業をしたいです。

 

3について。

これはMD600の方が使いやすいです。

どちらの機種も5mmと2mmのガイド、中基線、左基線がありますが、

liza-20zはファスナー押さえの時に中基線が使えないため、

縫い代5mmでミシンをかけるときに目検討になります。

MD600はファスナー押さえの時に中基線が使えるので、

7mmと5mmの両方でガイドに合わせて縫うことができます。

さらに、ファスナー押さえでステッチミシンをかける時に、

布の折り山と押さえ金をほぼぴったりに合わせると、

1.5mmくらいの幅でステッチミシンがかけられます。

ファスナーの目検討が苦手な人には使いやすいです。

難を言えば、5mmのガイドがやや見にくい。

ガイド線がたくさんありすぎるのが原因なので、

使うところにテープを貼って解決しました。

しかしこのテープを貼る場所がまた難しく、微調整しているところです。

 

他にもあるMD600のいいなと思ったところは、

 

・ライトが明るい

・縫いスピード設定で最高速度制限ができる

(踏み込んでも設定以上のスピードにはならない)

・フリーアームの下側にゆとりがある

・糸切りがしやすい

・縫い代ガイドが見やすく、0.5cmピッチで4cmまである

(liza-20zは3cmまで。めったに出てこないけど4cmは時々使う)

・ボタンホールが自動で作れる(教室ではあまり使いませんが・・・)

 

糸締まりが良く(これはミシン屋さんの弁)、

進みも安定していて使いやすいミシンです。

このタイプのミシンは実は選択の余地がなく、

ジャノメのMD600のみだそう。

これ以外だと上位機種のコンピューターミシンになってしまうので、

家庭で小物を作る程度ならこれで十分と思います。

きちんとした洋服を仕立てたい場合はもっと上の機種も要検討です。

これからミシンを買う方がいたら参考にしてみてください。

 

今のところは1台ですが、

教室の時にこれを使ってみたいという方は、

予約の際にお知らせくださいね。

先着1名で配席します。(一年生はJUKIのミシンになります)

 

--------------------------------------------------------------

 

yurarikaのソーイングクラスでは、

ミシンの使い方から丁寧に行っています。

はさみ、まち針など、道具の使い方も一人ずつ見ていくので、

初心者さんでも大丈夫です。

今年は秋スタートの方が多く、

初心者のクラスにぎやかになってきました。

迷っている方はスタートコースからでも気軽にご参加くださいね。

 

--------------------------------------------------------------

 

◇11月のお知らせ

 

下記日程で臨時休業いたします

11月16日(土)・22日(金)・23日(土)24日(日)

 

--------------------------------------------------------------

 

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

space1-15は10周年

20190125-7

 

 

| ソーイング | 13:20 | comments(0) | - | pookmark |
12月のワークショップ

20191030-1

 

12月はspce1-15の10周年企画で行っているワークショップの最終月です。

今回は606号室のcava craftさんとコラボして、ピンクッションを作ります。

 

cava craftさんは木を使ったものづくりをしている木工作家さんです。

木と布を組み合わせて何か作れないかなー?と考えて、

ピンクッションの土台を木で作ってみたらどうかなと相談し、

希望を伝えながら何度か打ち合わせをして、

こんな感じのピンクッションができあがりました。

教室で使っているピンクッションを基準にしてサイズを決め、

まち針をたくさん刺してもぎゅうぎゅうにならない大きさにしました。

 

20191030-2

 

ワークショップでは、先に土台を作ってからクッション部分を作り、

最後に貼り合わせて完成となります。

土台の木の部分はカットした状態で用意してくれるので、

外側を彫刻刀で削っていく作業をします。

ここまでは606号室で行います。

土台ができたら207号室に移動してクッション部分を作ります。

布を裁断し、外周をぐし縫いしてから綿を詰めて、

土台にボンドで貼り付けます。

 

ピンクッションは使っているうちに布部分が傷んできます。

これは穴が空いても土台はそのままで、

布だけ交換して修理できるので長く使えます。

たくさんソーイングをする方にぜひ使ってほしいピンクッションです。

わたしも自分用をこれに変えたいなぁと思いました。

 

20191030-3

 

20191030-4

 

今回のワークショップの材料は、土台には北海道のクルミの木を使い、

クッションにはリネン100%の無地を合わせました。

布はピンク、きみどり、黄色、青の4色から選べます。

月末に教室に来ていたみなさんに見てもらったところ、

「ほしいー!」との声が多く、好評でした。

ぜひ作りに来てくださいね。

 

本日10月31日(木)よりご予約スタートします!

以下、詳細です。

 

-----------------------------------------------------------

 

◇12月のワークショップ

 

cava craft × yurarika コラボワークショップ

「木と布で作るピンクッション」

 

日時 12月22日(日)10時〜12時
定員 4名
受講料 2,500円(材料費含む)

会場 606号室と207号室

※土台作りの時に細かい木のくずが出るので、

気になる方はエプロンをご用意ください。

申込み締切 12月19日(木)

 

※キャンセルについて

開講日の6日前(12月16日)以降のキャンセルについては、

キャンセル料として1500円いただきます。

(キット買取・1月末までに精算)

 

-----------------------------------------------------------

 

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

space1-15は10周年

20190125-7

 

| ソーイング | 12:55 | comments(0) | - | pookmark |
12月のソーイングクラス Bコース

20191029-1

 

12月のソーイングクラス、Bコース(中級者向け)は、

「ファスナーポケット付きトートバッグ」を作ります。

 

ベースになっているパターンは「pa178/トートバッグ【A4縦型】」です。

これと同サイズのバッグの前面にファスナーポケットをつけました。

ポケットの付け方は「pa150/貴重品ポシェット」と同じです。

両方のレシピを合体させたパターンになります。

 

20191029-2

 

反対側はファスナーなしです。

 

20191029-3

 

バッグの口にはマグネットボタンをつけました。

内ポケットは、ベースパターンと同じものをつけようと思ったのですが、

講習時間が4時間を超えてしまうために断念。

でも、内ポケットがなければバッグ本体の内側スペースが広く使えるし、

外ポケットの容量が十分あるので、なくても困らないかなと思います。

 

20191029-4

 

外ポケットはバッグの幅いっぱいに取りました。

深さは20cmくらいです。

A5の冊子を横にして余裕で入ります。

小さめの荷物をたくさん入れても受け止めてくれる、

容量の大きいポケットです。

縦型のバッグの場合、

小さいものが下に沈んで取りにくかったりするので、

ここに入れれば問題解決です。

 

20191029-5

 

ファイルよりもひとまわり大きいので、雑誌などもらくらく入ります。

サブバッグとして使い勝手の良いサイズです。

 

20191029-6

 

今回も持ち手の長さを3種類用意しました。

手持ちの32cm(ピンク)、ショルダーの50cm(黄色)、

最初に出てきたグレーは中間の42cmです。

わたしは中間サイズを使っています。

肩にかけることはないので32cmでも良いのですが、

手にかけるときに狙わなくてもさっと持ち替えられるので、

ストライクゾーンの広い42cmを愛用中です。

 

接着芯は持ち手のみで、他は生地をそのまま使います。

ファスナーは全部ミシンでつけるポーチのレシピの応用です。

作業ボリュームはかなりありますが、

ここのところ続いていた接着芯を貼る作業は少なく、難所もなく、

だだだっとミシンをたくさんかける感じで楽しく作れると思います。

 

20191029-7

 

20191029-8

 

キットの表地にはネコ柄とはりねずみ柄を使うことにしました。

どちらも一方柄で柄サイズ大きめなのでバッグ向きなのですが、

向きがあるとちょっと使いにくく、ネコは長いこと温めていました。

今回は柄サイズがバッグにぴったりだったのと、

底にはぎ目が入るので一方柄OKということで、

ネコは満を持しての登場です。

はりねずみは5月の教室で使って少し残っていたのですが、

ネコと同じ理由でそのままにしていました。

こちらも今回のバッグにぴったり!というわけで、

表地は6種類から、裏地、ポケットも各6種類から、

自由に組み合わせて選べます。

ファスナーの色は生地色と組み合わせをしています。

色変更を希望する場合はご相談ください。

持ち手の長さも選べるので、

ご予約の際は3つのパーツの生地と持ち手種類を、

もれなくお知らせくださいね。

 

--------------------------------------------------------------

 

12月のソーイングクラスの予約は10月31日(木)スタートです。
日程などの詳細は10月31日(木)にホームページにUP予定です。

 

12月はspace1-15の10周年企画、ワークショップも行います。

最終月にして今回は他のお店とのコラボワークショップ!

順次告知していきますのでお待ちくださいね。

 

--------------------------------------------------------------

 

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

space1-15は10周年

20190125-7

 

| ソーイング | 12:40 | comments(0) | - | pookmark |
12月のソーイングクラス Aコース

20191028-1

 

12月のソーイングクラス、Aコース(初心者向け)は、

「pa039/BANKポーチ」を作ります。

 

20191028-2

 

ボタンにループ留めの簡単仕様。

反対側で2種類の布を切り替えて、デザインポイントに。

 

20191028-3

 

裏地は花柄。

 

20191028-4

 

カードポケットが2室ついています。

 

20191028-5

 

「通帳ポーチ」ではなく「BANKポーチ」というネーミングにしたのは、

銀行周りのいろいろをしまうためのポーチ、という意味合いがあります。

実はこのポーチ、郵便局の振込用紙がぴったり入る大きさで、

2〜3日中に払う予定で振込用紙をバッグに待機させておくときに、

どうにもサイズが中途半端でなんとかしたい、

と思っていた時に作った型紙です。

実際は振込用紙だけでなく、通帳、カード、印鑑の他、

小さめの書類入れにしたりなど、みなさんいろんな使い方をしています。

たまたま先日、パターンを作ったときの初代の作品を持っていた人がいて、

(調べてみたら2009年6月でした)

「通帳ポーチはいくつか持ってるけど、これが使いやすくていいんですよね〜」

と話していました。

使い勝手の良さはシンプルな作りにあるようです。

 

20191028-6_2

 

通帳と並べた時のサイズ感としてはこのくらいで、かなり大きいです。

 

表地と裏地には接着芯を貼り、全体に張りのあるポーチです。

2019年度のAコースでは初めて接着芯を使うので、

接着芯の使い方についての説明も行います。

さらに、Aコースで内ポケットが付くレシピを作ることがほとんどないので、

内ポケットの工程がある12月の講習は貴重な機会になります。

まつり縫いとボタン付けもあるので、こちらも復習しながら進めます。

いろんな要素が入っていて盛りだくさんですが、

M字の中表の基本形で、ミシンをかけるところは少ないです。

作業ボリュームはそれなりにあるため、

手縫いの工程と合わせて3時間の講習となります。

 

20191028-7

 

20191028-8

 

キットは10月のバネポーチ【2】と同じ布合わせに裏地をプラスし、

裏地は花柄で華やかに。

留め具パーツには三つ編みひもと貝ボタンを合わせました。

 

--------------------------------------------------------------

 

12月のソーイングクラスの予約は10月31日(木)スタートです。
日程などの詳細は10月31日(木)にホームページにUP予定です。

 

12月はspace1-15の10周年企画、ワークショップも行います。

最終月にして今回は他のお店とのコラボワークショップ!

順次告知していきますのでお待ちくださいね。

 

--------------------------------------------------------------

 

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

space1-15は10周年

20190125-7

| ソーイング | 18:14 | comments(0) | - | pookmark |
10月のBコース追加しました

20191017-1

 

10月のBコース「貴重品ポーチ」のクラスを追加しました。

10月22日(火・祝)10時〜13時30分です。

ご都合合う方がいらっしゃいました、ぜひご利用くださいね。

ご予約は前日21日18時まで受付します。

 

お花のビニールコーティングのバッグもまだありますよー。

見に来てくださいね〜。

 

--------------------------------------------------------------

 

◇10月のお知らせ

 

10月20日(日) 10時30分〜15時くらいまでの営業

 

--------------------------------------------------------------

 

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

space1-15は10周年

20190125-7

| ソーイング | 18:11 | comments(0) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ハンドメイドショップブログランキング
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE