ゆらりか通信

札幌の布雑貨とソーイングのお店・yurarika*店主の日常雑記。
ダブルポケットポーチ-ポイント解説

20200307-1

 

「pa210/ダブルポケットポーチ」のレシピから、

ポイントをピックアップして解説します。

 

20200307-2

 

ファスナーが2本ついているポーチなので、

パーツもポーチ2つ分。

表地2枚、裏地2枚、パイピング布2枚でできています。

これを1枚ずつファスナーをはさんでつないでいきます。

 

20200307-3

 

ファスナーと表地を仮留めしてから、

裏地を重ねて本番ミシン、の繰り返しです。

全部で4回行います。

 

20200307-4

 

2本目のファスナーを最初に仮留めしたところ。

この重ねていく工程で大事なのが、縫い代を正しく取ること。

ファスナーの幅も全体の寸法の中に入っているので、

縫い代が多かったり少なかったりすると、

全体を合わせる工程で狂いが出ます。

もうひとつは脇をそろえること。

表地と裏地の横幅は全部同じ寸法なので、

きちんと端をそろえてつないでいくことが大事です。

最終的にはパイピング布で包むので、

端がずれていても縫い代で隠れてしまうため、

きちんとしたポーチの形になります。

が、この「端をそろえる」をやっておくと、

全体をつなぐ工程がやりやすくなります。

 

20200307-5

 

ファスナー2本がついたところ。

このあとステッチミシンをかけて、

表から見ると下の写真のようになります。

 

20200307-6

 

全部つながったら、脇を順に仮留めしてポーチの形にしていきます。

ここが一番わかりにくいところです。

まち針がついている部分に、花柄の方の裏地が袋状についています。

 

20200307-7

 

ひっくり返して裏側から見たところ。

ここにもう一枚の裏地(水玉側の裏地)がかぶさります(下写真)。

裏地をたたむ時に、表地のノッチ(切り込み)に合わせますが、

縫い合わせの状態によっては長さが合わないことがあります。

内袋なので、左右の高さが合うように付ければ、

ぴったり合わせなくても大丈夫です。

 

20200307-11

 

こちらが水玉側の裏地です。

両側をファスナーと縫い合わせた状態なので、

表側(2つ前の写真)と長さが合うようになっています。

が、どうしても人の手で作るので、多少の狂いは出てきます。

長さが合わない時は短い方を少し引っ張り気味にしてまち針で留め、

たるみを散らします。

ミシンをかけるときも、短い方を引っ張るようにすると良いです。

縫い終わったらアイロンでならします。

 

20200307-8

 

外表で裏地が外側になった状態です。

脇を仮留めします。

 

20200307-9

 

最後に端をパイピング布でくるんで始末します。

 

20200307-10

 

表にひっくり返してひもをつけたらできあがり。

サイズが小さくて途中の微調整もしにくいので、

裁断、ミシンをできるだけ正確に作業していくのが大事です。

両面とも表側からの見え方が同じなので、

表地とファスナーは違う色のものを用意してくださいね。

 

「pa210/ダブルポケットポーチ」のオリジナルパターンは、

店頭、web shopで購入できます。

完成サンプルもありますよー。

 

 

----------------------------------------------------------------

 

yurarikaは3月も通常営業です。(木〜日/13時〜18時)

3月のソーイングクラスも予定通り開講します。

 

3月のソーイングクラスを予約している方は、

2月26日のブログ記事をご確認ください。

 

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

インスタグラム

20200117-6

 

 

| パターンピックアップ | 12:48 | comments(0) | - | pookmark |
L字ファスナーポーチ・S-ポイント解説

20200306-1

 

「pa140/L字ファスナーポーチ・S」のレシピから、

レシピには書ききれなかったポイントをピックアップします。

 

20200306-2

 

ポーチサイズはカードに合わせていますが、少し大きめ。

大きめついでにお札が二つ折りで入るくらいになっています。

ファスナーの長さは玉付きの20cmで、

ファスナーに合わせてサイズを決めたらこうなりました。

 

ファスナーをつける工程では、

まず表地にファスナーを留めてからしつけをかけます。

両端を先に留めてからカーブに向かって留めていくのがポイント。

型紙の寸法はできあがり線で合わせてあり、

布の外端を基準にするとファスナーの長さと合わないので、

カーブ部分で布とテープをなじませながら細かく留めます。

留めたあとのしつけのラインは布端から0.3cmくらいが良いです。

 

20200306-3

 

さらにファスナーをはさんで裏地を留めて、
もう一回しつけをかけています。
ここのしつけは0.5cmくらい。
縫い代が0.7cmなので、ミシンとぶつからずに縫えます。

 

20200306-9

 

表地+ファスナー+裏地の3枚にしつけをかけたところ。

ミシンは縫い代ガイドを使いますが、

カーブは一定の幅で縫うのが難しいので印をつけています。

カーブにミシンをかける時はファスナーを開けた方がかけやすいです。

 

20200306-4

 

反対側も同様の手順でファスナーを付けます。

先につけた側と位置を合わせるのがポイントです。

 

20200306-5

 

両側にファスナーがつくとこんな形になります。

ファスナーは下留め側のテープを折りたたんで縫い込んであります。

 

20200306-6

 

ファスナーの端をよけておくことで、

底側を中表で縫い合わせることができます。

ここの工程がかなりイレギュラーで複雑なので、

レシピでは半ページを使って写真で解説しています。

 

20200306-7

 

残った脇の一辺はパイピングでくるんで始末をします。

角は邪魔にならないように切ってからくるみます。

 

20200306-8

 

できあがり。

正面から見た時に、少しだけ左側が高く、

斜めになっているのがわかるでしょうか。

ほんの少し下向きにすることで、

引き手を引いたときにスムーズになるしかけです。

 

手縫いの工程はしつけのみで、縫い合わせは全部ミシンです。

小さいものですが、細かい作業が多いです。

レシピに掲載した写真は60枚近くあるので、

じっくりゆっくり取り組んでみてくださいね。

 

「pa140/L字ファスナーポーチ・S」のオリジナルパターンは、

web shopから購入できます。

店頭にはサンプルもありますので、

見たい方は来店時にお知らせくださいね。

 

 

----------------------------------------------------------------

 

yurarikaは3月も通常営業です。(木〜日/13時〜18時)

3月のソーイングクラスも予定通り開講します。

 

3月のソーイングクラスを予約している方は、

2月26日のブログ記事をご確認ください。

 

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

インスタグラム

20200117-6

 

 

 

| パターンピックアップ | 15:12 | comments(0) | - | pookmark |
ポケットポーチ-ポイント解説

20200305-1

 

「pa088/ポケットポーチ」のレシピから、

ポイントをピックアップします。

 

20200305-2

 

初心者向けとしてのポイントは、表地が2枚でできていること。

1枚ずつファスナーに縫いつけるので、

折り山のきわにかけるステッチミシンが楽になります。

 

20200305-6

 

こちらは別のレシピの写真です。

2回目のファスナーにミシンをかけた後、

ステッチミシンをかけるときは表地を内側にします。

片側がつながっているのでファスナーは全部開けて、

最後は布の内側に入り込むように縫っていきます。

このポーチの場合はファスナー寸法が25cmなので難しくないのですが、

ポケットポーチはファスナーが12cmと短く、

表地を1枚で作ると、この工程がとても難しくなります。

なので、初心者向けのファスナーポーチは表地を2枚以上にして、

ファスナーを縫ってから表地をつなぐ手順にしています。

 

20200305-3

 

20200305-4

 

初心者向けはファスナーポーチの基本レシピで作ります。

表地と裏地を別々に作り、最後はまつり縫いで縫い合わせる方法です。

 

20200305-5

 

まつり縫いは表地と裏地を外表に重ね、

裏地を外側にしてまち針で留めて、糸が隠れるように縫います。

ミシン縫いのラインに合わせて裏地を留め、

ファスナー側はミシン目の上を小さく拾い、

裏地側は折り山の下を5mmくらい拾って進めます。

 

初心者向けの講習では、ファスナーについての解説から始めます。

ファスナー押さえを使った基本的な縫い方で、

ポーチを1つ作る講習です。

毎年3月のAコースではこのタイプのポーチを作ります。

 

20200126-8

 

2020年3月のファスナーレシピはこちら。

新作の「スクエアポーチ」です。

型紙は4月から販売します。

教室はまだ空きがあるので、お問い合わせくださいね。

 

----------------------------------------------------------------

 

yurarikaは3月も通常営業です。(木〜日/13時〜18時)

3月のソーイングクラスも予定通り開講します。

 

3月のソーイングクラスを予約している方は、

2月26日のブログ記事をご確認ください。

 

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

インスタグラム

20200117-6

 

 

| パターンピックアップ | 13:35 | comments(0) | - | pookmark |
パターンピックアップ-カードサイズのポーチ

20200303-4

 

カードサイズのポーチのオリジナルパターンがたくさんある中、

今日はファスナータイプをピックアップして紹介します。

 

「pa088/ポケットポーチ」

20200303-1

 

12cmの玉付きファスナーを使ったポーチ。

オリジナルパターンのレシピでは、

初心者でも作りやすいように手順を工夫しています。

2枚はぎにすることでファスナーと布を縫い合わせた後の、

ステッチミシンが縫いやすくなります。

小さいので外ポケット、内ポケットなどはついていない、

シンプルなポーチです。

 

店頭で販売しているものは仕様を少し変えてあります。

向きのない柄の場合は裏地と同じ型紙で、

表地の底を「わ」にして1枚で裁断し、

中厚地の接着芯を貼ってしっかりめに作ります。

裏地は別に作ってまつり縫いで表地と裏地を縫い合わせる方法は、

レシピ、商品とも同じです。

ファスナータイプでは一番手軽に作れるレシピです。

 

 

「pa140/L字ファスナーポーチ・S」

20200303-2

 

20cmの玉付きファスナーを使って作ります。

全部ミシン縫いで作れるレシピですが、途中で細かいしつけをかけます。

難しいのでyurarikaレシピではあまり出てこない、

ファスナーのカーブの工程があり、ファスナー上級者向けです。

カードサイズよりもやや大きめで、

お札やカードが入る内ポケットが1つと、

内側にはテープを仕込んで二重カンなどを取り付けられるようにしました。

小さめのお財布としても使えます。

オリジナルパターンの中でも人気のレシピです。

 

 

「pa210/ダブルポケットポーチ」

20200303-3

 

両面にファスナーポケットがついたタイプ。

ダブルファスナーポーチを応用して作ったレシピですが、

手順は全然違います。

表地2枚、裏地2枚、パイピング布2枚でできていて、

全部ミシンで縫って作れるレシピです。

外側から見るとどちらも同じなので、

2枚の表地とファスナーの色を思い切って変えた方が、

使いやすいポーチになります。

複雑なレシピに挑戦したい!というチャレンジャーな方に、

ぜひ作ってほしいです。

 

 

----------------------------------------------------------------

 

yurarikaは3月も通常営業です(本日3日は定休日です)。

(木〜日/13時〜18時)

3月のソーイングクラスも予定通り開講します。

 

3月のソーイングクラスを予約している方は、

2月26日のブログ記事をご確認ください。

 

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

インスタグラム

20200117-6

| パターンピックアップ | 13:18 | comments(0) | - | pookmark |
パターンピックアップ〜ティッシュBOXカバー3種

20191217-1

 

今日は、yurarikaオリジナルパターンから、

3種類のティッシュBOXカバーについて比較してみます。

 

 

「pa038/ティッシュBOXカバー」

20191217-2

 

オリジナルパターンとしては一番最初のティッシュBOXカバー。

薄型の箱の高さが6cmくらいのものが多かった頃だったと思います。

箱のパッケージがまったく見えなくなるすっぽりと覆う仕様で、

壁に掛けて使うこともできます。

この壁掛け仕様が思った以上に「便利です!」と言われました。

洗面所の壁にかけておくと水に濡れないのが良いです、とか、

車の後部座席で使っています、という話も聞きました。

 

逆に不便な点は、ボタンの開閉が思ったより面倒ということ。

これは人によると思いますが、ボタンを2個はずして箱を出し、

新しい箱を入れてボタンをかける、というのがおっくうなのだそう。

たった2個のボタンですが、頻度が高いとたしかに面倒なので、

なるほどーと思うことでもありました。

ボタンについてはもう1つあって、

ボタンホールを作るのがたいへん、ということ。

くるみボタンを作るのは楽しいけれど、ボタンホールは苦手。

ボタンホール押さえって何?どうやって作るの?

・・・実は教室でここをやってみたくてレシピに取り入れてみたのですが、

自宅用に複数作るとなるとちょっとひるんでしまう。

ボタンホールについてのいろいろを感じたレシピでした。

 

 

「pa090/ティッシュBOXカバー【2】」

20191217-3

 

そんな「めんどう」なポイントをいろいろ聞いて、

箱の交換も簡単で作るのも簡単なカバーを作ろう!

という発想からできたのがこちらの【2】。

実は初期のソーイングクラスで作ったものの改良版です。

手順や仕様を少し改良して教室で再デビューしました。

 

初心者コースの7月頃に作っているレシピで、

小物ソーイングに少し慣れてきた頃に作れるレベルです。

ティッシュBOXカバーとしてはかなり簡単なのではと思います。

箱の交換は下のゴムをはずすだけなのでこちらも簡単。

自宅用に何個も作りたい人にはちょうど良いボリュームです。

難点があるとすれば、箱の高さを6cmに合わせた型紙なので、

あまりに薄い箱の場合は立方体の形が崩れてしまうこと。

ここを気にしなければ、3つの型紙の中では一番優秀なカバーです。

 

 

「pa207/ティッシュBOXカバー【3】」

20191217-4

 

2つめを作ったところでティッシュBOXの新作はしばらくお休み。

7年半ぶりに3つめを作りました。

3つめのカバーは1つめと同じように全体を覆い、

ボタンの間からティッシュを出すタイプ。

ボタンホールを作らなくてもいいように、スナップボタンにしました。

2つめのあたりでは高さ6cmくらいが多数派でしたが、

最近は薄型も多くなり、調べたところ4.5〜6.5cmくらいの範囲で、

いろんな高さのBOXティッシュが出ています。

とりあえず試作をしてみたところ、

箱とカバーの高さに差があるとティッシュがスッと出てこない。

これには困りました。

いろいろ試してみて、箱に合わせるしかないという結論になり、

高さ4.5〜5cm用のSサイズと、5.5〜6cm用のMサイズを作れる型紙にしました。

箱を選ぶカバーになってしまいましたが、

中身の交換のしやすさは【2】と同じくらいです。

作るのは3つの中で一番手間がかかり、布もたくさん使います。

 

余談ですが、8個くらいいろんなパターンで試作をして、

こんなにたくさんどうしよう・・・と思っていたところ、

今年のサンプルセールで出したら全部売れました。

ひとつひとつ不具合の説明をしながら(試作なので何かしらの不備がある)、

それでもいいわ、と言って購入していただけたのがありがたかったです。

 

----------------------------------------------------------------------

 

それぞれ長所と短所があるティッシュBOXカバー。

「作る」ところをポイントにするか「使う」を重視するか。

選び方は人それぞれだと思います。

webのショップページはそれぞれ分かれているので、

まとめて説明することで違いを感じてもらえれば嬉しいです。

 

web shopでは、2019年1月から11月までの教室パターンを12点UPしました。

年内の更新はこれで終了になります。

年末年始、いつもより時間があるからソーイングでもしようかな、という方や、

この型紙待ってたんです!という方、

年内は27日(金)まで発送いたします。

どうぞのぞいて見てくださいね。

 

----------------------------------------------------------------------

 

◇12月の予定

 

12月22日(日)・・・10周年ワークショップ

 「木と布で作るピンクッション」14時〜16時のクラス受付中

受付締切・・・12月19日(木)

 

◇年末年始の予定

 

年内最終営業日・・・12月22日(日)

年始・・・1月5日(日)から

web shop休業日・・・12月28日(土)〜1月4日(土)

 

----------------------------------------------------------------------

 

20191212-2

 

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

space1-15は10周年

20190125-7

 

 

| パターンピックアップ | 16:17 | comments(0) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ハンドメイドショップブログランキング
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE