ゆらりか通信

札幌の布雑貨とソーイングのお店・yurarika*店主の日常雑記。
パターンピックアップ〜pa170/貴重品ポシェット【2】

20190205-1

 

2・3月のCコースで作っている「ショルダーバッグ」に近いレシピが、

こちらの「pa170/貴重品ポシェット【2】」

コンパクトな、斜めがけできるショルダーバッグです。

作り方は本格的なショルダーバッグに比べてシンプルにしてあります。

今回作っているショルダーバッグとの違いは、こんな感じ。

 

・サイズがコンパクト

・ショルダーひもに調節金具をつけていない

・ファスナーの口布は表地のみ

・内ポケットなし

 

口布にファスナーをつけたら、

あとは裏地付きバッグの手順でささっと作れます。

 

20190205-2

 

サイズはこのくらいの違い。

親子(?)くらいの差があります。

 

20190205-3

 

横から見たところ。

マチは4cmと小さいですが、

他の「貴重品ポシェット」2つのレシピはマチがないので、

3つの中ではこちらの【2】が一番たくさん荷物が入ります。

「ショルダーバッグ」は通勤に必要な荷物がほぼ入るイメージ、

「貴重品ポシェット」は必要最小限の荷物を入れるイメージです。

作り方が似ているので、応用すればサイズのアレンジもできそうです。

 

「ショルダーバッグ」の型紙は、3月の教室終了後に販売予定です。

 

-------------------------------------------------------------------

 

◇2月のお知らせ

 

2月16日(土)は臨時休業いたします。

 

-------------------------------------------------------------------

 

 

サブブログ「ゆらりか通信分室」

1月28日更新しました 「三巻押さえを使ってみた」

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

space1-15は10周年

20190125-7

| パターンピックアップ | 14:54 | comments(0) | - | pookmark |
パターンピックアップ〜pa052/ポットマットとコースター

20190112-4

 

寒い季節にひとつあるとうれしいのがこんなキッチングッズ。

「pa052/ポットマットとコースター」はかなり初期の頃のパターンです。

ポットマットは最初に長方形のものを作り、

その後正方形に形を変えて教室で作ったものをパターン化しました。

ハギレサイズの生地で作れるので、

少し残った生地をつないで作っても楽しいです。

 

20190112-2

 

ポットの座布団として使うのはもちろん、

なべつかみとして熱いものをつかむ時にも便利です。

 

20190112-3

 

昨年ひさしぶりに商品化したときに、レシピをアレンジしました。

オリジナルパターンに記載しているレシピでは、

返し口をまつり縫いで閉じます。

商品化の際、ひとつひとつをまつり縫いで閉じるのはちょっと大変。

このパターンに入っているコースターはドミット芯が入っていないので、

周囲にステッチミシンをかけて閉じています。

ドミット芯でふかふかのものはまつり縫いで、という先入観を取り払い、

ためしにステッチミシンをかけてみたら、

思いの外、良い感じに仕上がりました。

ステッチ幅は2〜3mmでいつもよりちょっと太めです。

まつり縫いが苦手な方はぜひこちらの方法で作ってみてくださいね。

 

20190112-5

 

コースターにドミット芯を入れたレシピはこちら。

「pa168/ふかふかコースター」です。

正方形と円形の2種類が作れます。

こちらはレシピ通りにまつり縫いで閉じた方が良いです。

 

20190112-1

 

こちらはオリジナルパターンを使って自分で作れる他、

店内では完成品も販売中です。

 

----------------------------------------------------------------------

 

◇ 新春お楽しみくじ

 

1月5日(土)〜1月14日(月・祝)

※14日は10時〜13時の教室開講中のみ

営業日・時間 / 木〜日・13時〜18時

 

1000円お買い上げで1回引けます。ハズレなしです。

店内で使える10%割引券が数本入っています。

割引券、まだありますよー!

 

----------------------------------------------------------------------

 

 

サブブログ「ゆらりか通信分室」

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

 

 

 

| パターンピックアップ | 13:35 | comments(0) | - | pookmark |
パターンピックアップ〜pa093/ファーの台形バッグ

20181225-2

 

「pa093/ファーの台形バッグ」は、

2011年12月のCコース(上級者向け)で作りました。

ファー生地を使った初めてのパターンです。

冬生地の代表はウール地ですが、ファー素材も冬ならでは。

ウール、ファーともに扱いにくい生地ではありますが、

ほどよい大きさのバッグなら作りやすいと思います。

 

ファー生地はニット地なので、縦にも横にも伸びます。

伸びると形が崩れてしまうので、

これをカバーするために接着テープを使いました。

ミシンをかける時は伸ばさないように気をつけながら行います。

ミシンをかけたら一緒に縫い込んでしまったファーを、

目打ちで引き出していきます。

もう一つ気をつけたいのが、ファー生地には向きがあること。

毛並みの方向を確認し、一方柄の生地と同じように裁断します。

 

20181225-3

 

全体がファーでもこもこした感じにしたかったので、

パターンには見返しをつけて、裏地が直接見えないようにしています。

イメージはおでかけバッグですが、ある程度の容量がほしかったので、

全体を台形にして底は広めに取り、口を小さくすることで、

バッグ全体にコンパクト感を出しました。

内ポケットは小さめがひとつと、口はマグネットボタン留め、

底板を入れて形をキープします。

持ち手は共布のファーではなく本革を使って、

手作り感を薄めておでかけ感が出るように。

冬ならではのバッグです。

 

20181225-1

 

そしてこのバッグには姉妹パターンがあります。

 

20181225-4

 

「pa193/台形のハンドバッグ」です。

2018年3月のCコース(上級者向け)で作りました。

同じ型紙を使い、布帛生地で作れるようにレシピを変更しています。

こちらにはキルト芯を挟めてふっくら感を出しました。

持ち手の型紙もついているので、

ウール生地などを使って、持ち手も共布で作る場合は、

こちらのパターンもおすすめです。

 

yurarikaのオリジナルパターンは、

店頭の他、web shopからも購入できます。

----------------------------------------------------------------------------

 

◇年末年始のお知らせ

 

2018年の営業は終了しました。年始は1月5日(土)から営業します。

web shopは25日(火)入金確認分まで年内に発送します。

 

----------------------------------------------------------------------------

 

サブブログ「ゆらりか通信分室」

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/

 

yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

| パターンピックアップ | 13:42 | comments(0) | - | pookmark |
パターンピックアップ〜pa073/ドロップバッグ

20181204-3

 

yurarikaのオリジナルパターンは、今年の秋に200を超えました。

この中にはリメイクパターンも入っているので、

実際の数は200種類ではないのですが、

これだけの数のパターンを作れたのも、

いつもご利用いただいているみなさんのおかけです。

リクエストをもらったり、教室中の会話にヒントがあったり、

アイディアの種をたくさんもらいながらの製作でした。

ありがとうございます!

これからも引き続き新しいレシピを生み出していこうと思います。

 

さて、200を超えると目的の型紙を探すのもちょっと大変になってきました。

パターン番号は作った順番についているので、

わたしは製作時期を思い出しながらパターンを探しますが、

並びそのものはアイテム別ではなくランダムなので、見つけにくいです。

(ちなみに店頭では番号順に並べています)

そこで、季節に合ったパターンや、

今教室で作っているアイテムに関係するものなどを、

ブログ記事で紹介していこうと思います。

 

20181204-1

 

第1回目は「pa073/ドロップバッグ」です。

 

12月のBコースで「ドロップバッグ【2】」を作っています。(写真一番上)

そのベースになったパターンがこちらのバッグ。

冬の初めに作ったパターンで、サンプルはウールを使って作りました。

持ち手からバッグの底に向かってしずく型になっているので、

ドロップバッグという名前にしました。

 

丸いバッグを作ってみたい、というリクエストからスタートした型起こし。

実は、最初からこの形だったわけではなく、

円形の4分の3くらいの形から少しずつ手直しをしながら進めました。

シーチングを使ったサンプルは3回くらい作り直し、

4回目でようやくこの形に落ち着いたのです。

ちょっと小さいかな、と思いつつ、

これ以上大きいとかわいさがダウンしそうだったので、

このままでいくことにしました。

 

カーブにマチをつけると難易度が上がるので、

ふくらみはダーツで入れることにしました。

「ドロップバッグ【2】」の方はこのダーツ部分を上に移動し、

ダーツをタックに変えてふくらみを出しています。

これがふんわりした丸いシルエットを作っています。

 

20181204-2

 

ふんわりの秘密はウール生地を使っていること。

サンプルのウールはダブルフェイスだったので厚みがあり、

ふんわり感がさらにUPしています。

ウール生地じゃなくても作れますが、

ウールを使うとサンプルに近いイメージに仕上がります。

バッグの口はマグネットボタン。

冬の北海道は雪が入り込むのでボタン必須ですが、

必要なければつけなくてもそれほど支障ないです。

バッグの口が小さくてひっかかりやすいので、

レシピに内ポケットはついていませんが、

つける場合はパスケースくらいの小さめが良いです。

 

「ドロップバッグ【2】」は、この型紙をベースにして、

ひとまわり大きくしました。

ウール生地の代わりにキルト芯をはさんでふかふかに。

ダーツをタックに変え、外ボタンをループ留めにして、

デザインの一部にしました。

難易度は、タック部分がいろいろ難しいので【2】の方が上です。

 

冬になるとweb shopでは「pa073/ドロップバッグ」が人気です。

荷物はたくさん入りませんが、

ちょっとしたおでかけにはちょうど良いサイズ。

シンプルなパターンなので、

生地の選び方次第でいろんなイメージになります。

 

「pa073/ドロップバッグ」のオリジナルパターンは、 

web shopから購入できます。

 

----------------------------------------------------------------------------

 

◇ソーイング福袋2019

 

ただいまご予約受付中です!詳細はこちらからどうぞ。

12月23日(日)まで。

 

◇年末年始のお知らせ

 

年内は12月23日(日)まで、年始は1月5日(土)から営業します。

web shopは25日(火)入金確認分まで年内に発送します。

 

----------------------------------------------------------------------------

 

サブブログ「ゆらりか通信分室」

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/

 

yurarika Facebookページ
facebooklogo

| パターンピックアップ | 12:32 | comments(0) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ハンドメイドショップブログランキング
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE