ゆらりか通信

札幌の布雑貨とソーイングのお店・yurarika*店主の日常雑記。
<< アイロン新調 | main | もみの木でキーケース >>
Newパターンとweb shop新商品

20180113-1

 

12月のソーイングクラス、Bコースで作った、

「がま口ポーチ【4】」の型紙を店頭に出しました。

口金も購入できます。

合わせて、web shopにも3点の型紙とがま口金をUPしました。

1つずつ紹介します。

 

 

pa189/がま口ポーチ【4】

20180113-2

 

2年に1回くらいのペースで教室で作っているがま口ポーチ。

角丸形の口金を使って中ぶりのポーチを作りました。

口が直線の角丸形の口金の場合、

袋布の工程で曲線部分が少ないので印つけには定規を使えるし、

ミシンは直線がほとんどなので難しくないはず、

と思っていたのですが、

今回は中厚地の接着芯を貼ってぱりっとさせたせいか、

袋布を作る作業が難しかったようです。

口金を入れる工程では、作業しやすいほどよい大きさで、

スムーズにできる方が多かったです。

型紙と合わせてがま口金の販売もしています。

色はシルバーとブラックの2色で、教室ではブラックが人気でした。

 

 

「pa183/通帳ポーチ【3】」

20180113-3

 

ファスナータイプ(通帳ポーチ【2】)よりも簡単な通帳ポーチが作りたい!

というリクエストで生まれたパターン。

接着芯を貼りますが、その他のパーツはマグネットボタンのみで、

シンプルなポーチに仕立てています。

使い勝手はファスナータイプに近いのですが、

封筒が入るように横幅を少し大きくしました。

お金を直接入れないのであれば、こちらの方が便利に使えます。

ポケットはたたんで作る方式で表地が1枚なので、

パーツが少ない分、作業工程も減ります。

ミシンで閉じる場所がないため裏地を2枚にして、

最後はまつり縫いで返し口を閉じます。

たたむところが理解できれば、短時間で作れます。

 

 

「pa178/トートバッグ【A4縦型】」

20180113-4

 

店頭では「A4フリーバッグ」の商品名で販売しています。

このサイズは最初にエコバッグとして作ってから、

裏地のない型紙を2種類出していますが、

裏地付きのレシピで新しく作ったものです。

作り方はyurarikaレシピの裏地付きバッグの基本形で、

内ポケットとマグネットボタンがついています。

持ち手の長さを3種類用意したので、

身長や使い方に合わせて好きな長さで作ることができます。

 

 

型紙、型紙に使用している副資材は、

web shopで購入できます。

今回UPしていない型紙も、順次更新の予定です。

 

 

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

| webshop・通信販売 | 18:20 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ハンドメイドショップブログランキング
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE