ゆらりか通信

札幌の布雑貨とソーイングのお店・yurarika*店主の日常雑記。
<< 2019年 あけましておめでとうございます | main | 2・3月のソーイングクラス Cコース >>
2月のソーイングクラス Aコース

20190105-1

 

2月のソーイングクラス、Aコースは「一枚仕立てのバッグ」です。

裏地のないA4サイズのバッグを作ります。

 

パーツはバッグ本体と持ち手のみのシンプルな構造。

裏地がついていなくて軽いので、A4サイズの薄めの書類を入れたり、

本などをこれに入れてから大きいバッグに入れるというような、

ふろしきのような使い方もできます。

わたしはほぼふろしき使いで、毎日のように持ち歩いています。

お店で使う布類、お菓子や飲み物、図書館で借りた本などを入れるので、

一枚では足りず、3枚ほどがスタンバイ。小分けしてサブバッグに入れます。

薄手のちょっとした布の袋は便利です。

 

20190105-5

 

作り方は袋状にした布に持ち手をつけるだけなのですが、

いろんなところに小物作りの技が入っています。

たとえば脇は袋縫いにして裁ち目が隠れるように。

この生地は一方柄なので底も袋縫いにします。

切り口が内側に入って見えなくなるので、

ジグザグミシンと比べると生地端のぼそぼそがなく、

すっきりきれいに仕上がります。

 

20190105-2

 

見返しはバッグ本体とつながっているのでパーツが少ないです。

持ち手の端を見返しの下側に入れ込み、内側に入るようにしています。

この方法で作る場合、持ち手部分が重なって厚くなるので、

生地は薄手がおすすめです。

見返しを別布で作ると持ち手をはさみこめるので、

仕上がりそのものはすっきりしますがパーツが2つ多くなり、

その分縫い代も増えます。

 

他には、持ち手の作り方、角の出し方、アイロンのかけ方など、

ソーイングの基本をひととおりおさらいできる要素がたくさん。

ミシンをたくさんかけるので時間がかかりますが、

難しい要素はあまり入っていないです。

 

20190105-3

 

薄いA4ファイルならすっぽり入ります。

 

20190105-4

 

一番奥まで入れてこのくらいです。

メインバッグにA4が入らない時に、折りたくない書類や、

ファイルなどを持ち歩くときにさっと出して使えます。

 

20190105-6

 

キットはアルマジロ柄4色を用意しました。

面積が大きいと柄の見え方がまた違う感じです。

 

----------------------------------------------------------------------


2月のソーイングクラスの予約は1月5日(土)スタートです。
日程などの詳細は先ほどホームページにUPしました。

 

----------------------------------------------------------------------

 

◇ 新春お楽しみくじ

 

1月5日(土)〜1月14日(月・祝)

※14日は10時〜13時の教室開講中のみ

営業日・時間 / 木〜日・13時〜18時

 

1000円お買い上げで1回引けます

 

----------------------------------------------------------------------

 

 

サブブログ「ゆらりか通信分室」

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

| ソーイング | 17:05 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ハンドメイドショップブログランキング
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE