ゆらりか通信

札幌の布雑貨とソーイングのお店・yurarika*店主の日常雑記。
<< 本日6月30日(日)は17時30分までの営業です | main | 8月のソーイングクラス Bコース >>
8月のソーイングクラス Aコース

20190701-1

 

8月のソーイングクラス、Aコース(初心者向け)は、「水筒ケース」です。

ふかふかのキルト芯を挟んで作ります。

 

20190701-3

 

表地にキルト芯を縫い付け、裏地とそれぞれ袋に仕立てて、

最後は2枚の袋を外表に重ねて口にミシンをかけます。

開閉は巾着型で、丸ひもを1本通します。

ひも通し部分は裏地をくるっと折り返して作ります。

 

20190701-4

 

底は正方形です。

円い筒のケースを作る場合、底も筒にしないと、と思いがちですが、

底が円形じゃなくても袋そのものが筒状になるので大丈夫。

キルト芯を挟むことで筒に張りができ、

中身の筒のサイズに多少のばらつきがあっても支障なく使えます。

逆に言うと、キルト芯を挟まないとサイズが大きすぎてぶかぶかに。

なので、他のペットボトルケースのレシピに比べて筒サイズが大きめです。

 

20190701-2

 

水筒ケースとして作る場合、水筒の直径と高さから、

パターンサイズを変更できるように計算式を入れています。

変更するのは高さのみで外周はそのままですが、

ここにもキルト芯が生きてきます。

ふかふかしているので多少細身でゆるくても大丈夫です。

パターンは水筒ケースですが、ペットボトルケースにもできるよう、

型紙にはラインを引いて折りたたんで使えるようにしています。

教室ではキットの基本サイズを500mlのペットボトルにして、

水筒ケースにしたい場合は水筒に合わせて製作します。

350mlサイズの方が良い方は小さい方で作ることもできます。

なので、サンプルはピンクが500ml用、グリーンが350ml用です。

 

20190701-5

 

キルト芯をはさんだ巾着タイプはひもがゆるくなりがちなので、

ひも通しは片側のみ、コードストッパーをつけてゆるまないようにしました。

ひもの先にはループエンドもつけています。

 

20190701-6

 

キットはシルエットフラワー3色に水玉を合わせ、

ひもは濃いめの同系色で引き締めポイントにしました。

 

キットをご予約の方へ。

500mlサイズのペットボトルケース以外のサイズで作る場合は、

予約時にお知らせください。

水筒ケースの場合は直径6〜7cm程度が無理なく使えるサイズです。

こちらも予約時か7月の教室の時に寸法をお知らせください。

それぞれの製作サイズに合わせてキットサイズを調整します。

 

「pa086/水筒ケース」のオリジナルパターンをお持ちの方は、

講習料が10%引きになります。予約時にお申し出ください。

 

----------------------------------------------------------------------

 

7月のソーイングクラスはただいま受付中です。
8月のソーイングクラスの予約は7月4日(木)スタートです。
日程などの詳細は7月4日(木)にホームページにUP予定です。

 

----------------------------------------------------------------------

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

space1-15は10周年

20190125-7

| ソーイング | 13:50 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ハンドメイドショップブログランキング
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE