ゆらりか通信

札幌の布雑貨とソーイングのお店・yurarika*店主の日常雑記。
<< ナイロン生地の話 その1 | main | パターンピックアップ-ナイロン小物 >>
ナイロン生地の話 その2

20200523-2

 

ナイロン生地の話、その1からのつづきです。

 

yurarikaのナイロンレシピで必ずやっている、端の始末について。

ナイロン生地はとても細い糸で織られています。

綿や麻に比べてほつれにくいですが、そのままにしておくと、

細ーい糸が毛羽立つように出てくるのできちんと始末します。

 

yurarikaのナイロン小物はナイロン生地のみで他の素材を合わせずに、

裏地なしで作るものがほとんどです。

なので、一枚仕立てで作る場合、脇や底の縫い目をどう始末するか。

巾着袋など一部の一枚もののレシピではジグザグミシンでほつれ止めをしますが、

ナイロン生地は薄くてきれいに縫えないので、

yurarikaのナイロンレシピでは、裁ち目はすべて内側に入るように始末します。

脇、底の縫い合わせ部分は袋縫い、

口は三つ折りにして裁ち目を見えない部分に折り込みます。

 

ファスナーポーチを作る時にこれをどうするか考えて、

裁ち目をファスナーのテープの内側に折り込む、という方法にしました。

普通のファスナーポーチに比べて3倍くらい手間がかかります。

脇は袋縫いです。袋縫いも作業は普通に縫うのに比べて2倍です。

とはいえ、裏地はつけないで作るので、

ファスナーポーチ全体の作業量としては、

裏地付きのものより少なくなります。

 

ナイロン小物のレシピでは、できるだけはぎ目を少なくするため、
パーツを最小限にします。
はぎ目を少なくする理由はアイロンのかかりにくさです。
ミシンをかけると必ずアイロン作業が発生します。
アイロンの手間をできるだけ減らすことと、
割る、折る、の作業がアイロンで完結しないので、
きれいな形に作るため、縫う所を少なくしています。

 

-------------------------------------------------------------

 

6月Bコースの「マスクケース【2】」(写真)では、

そんなことをいろいろと考えながら作った、

ナイロン初の裏地付きレシピ。

今までのナイロンレシピで使っている技がたくさん入っています。

そして現在試作中の7月のエコバッグもナイロン生地で、

こちらも今までの技をいろいろ組み合わせたレシピになりそうです。

 

7月からのレジ袋有料化に伴い、

すでに有料化が始まっているお店もありますね。

新しいエコバッグはそんな暮らしの変化に対応できるような、

便利なアイテムになるといいなと思いながら試作しています。

だいぶゴールが見えてきましたー。

 

 

「マスクの作り方」公開中(カテゴリ内リンク)

 

◇お買い物はこちらから

 

「pa233/プリーツマスク(型紙)」

こちらの型紙ご注文でカラーテープをプレゼントしています。

5月31日ご注文分まで。

 

「プリーツマスクとインナーマスク(キット)」

 

「ガーゼマスク(完成品)」

ご入金確認後1〜2日で発送できます。

 

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/



yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

インスタグラム

20200117-6

 

 

 

| 小物作りの基礎講座 | 14:38 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ハンドメイドショップブログランキング
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE