ゆらりか通信

札幌の布雑貨とソーイングのお店・yurarika*店主の日常雑記。
<< ナイロンのエコバッグ販売中です | main | 8月のソーイングクラス Bコース >>
8月のソーイングクラス Aコース

20200629-1

 

8月のソーイングクラス、Aコース(初心者向け)は、

「ペットボトルケース【3】」です。

 

教室でペットボトルケースを作るのは4年ぶりです。

最近600mlサイズのボトルも増えてきたようなので、

あらためてサイズを検証してみました。

既存パターンの「pa122/ペットボトルケース(500ml・350ml)」に、

600mlのボトルを入れてみたところ、

入るけれど、ちょっとぴったりすぎな感じです。

入れる時にストレスがかかるぴったり感だったので、

サイズを少しだけ大きくすることにしました。

外周を0.8cm、高さを0.5cm増やし、

他は元のパターンを生かしてそのままにしました。

 

20200629-2

 

表地は2種類の生地を3枚はぎにして切り替えを入れ、

裏地を表側に持ってきてひも通しにしています。

裏地付き巾着袋のような構造です。

 

20200629-3

 

底は正方形です。

袋の底を丸にしなくても上の方で筒になるので大丈夫。

底を円形にしてカーブの工程を入れると難しくなるので、

簡単に作れるようにしています。

マチは型紙に入れてあるので、

裁断した通りに組み立てればマチを作れます。

 

20200629-4

 

袋はサイズアップしましたが、500mlと600ml兼用のケースです。

左から、ピンクには500ml、黄色には600ml、

ラベンダーは元のパターンで500mlが入っています。

見た目はそれほど変わりなく、新しい方に500mlを入れた時に、

ちょっとゆったりした感じがあります。

黄色の600mlはジャストサイズです。

 

今までのパターンには350mlサイズも作れるよう、

型紙を付属してありましたが、

今回は350mlサイズを作らないことにしました。

ペットボトルのサイズが幅広くなってきて、

小さいものは高さも筒の太さもいろんな種類が出ています。

1種類のケースにおさめるのはちょっと難しいと思い、

500と600の兼用サイズ1つにしました。

以前のパターンは2020年8月末で廃番となります。

350mlサイズを作りたい場合は、

「pa086/水筒ケース」をご利用ください。

ちなみに。

水筒ケースの500mlタイプは、もともと水筒用で外周が大きいので、

600mlも難なくすっと入りました。

 

8月Aコースのポイントは、マチ付きの立体の組み立てと、

外表で縫い合わせる方法です。しつけのかけ方も行います。

4月からやっているいろんな要素が含まれたレシピです。

これからスタートしたい方は、

7月の「リバーシブル小物入れ」からでも大丈夫なので、

「出遅れた…」とあきらめずにご検討くださいね。

 

20200629-5

 

キットは4月の巾着袋、6月のカードケースとお揃い生地です。

色の組み合わせも同じにしてあります。

お揃いで使ったり、3色コンプリートもできますね。

 

8月のソーイングクラスは7月2日(木)よりご予約スタートです。

 

 

「マスクの作り方」ブログで公開中(カテゴリ内リンク)

 

◇お買い物はこちらから

 

yurarika web shop

 

 

ランキングに参加しています。

ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

インスタグラム

20200117-6

 

 

| ソーイング | 14:48 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ハンドメイドショップブログランキング
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE