ゆらりか通信

札幌の布雑貨とソーイングのお店・yurarika*店主の日常雑記。
<< 8月のソーイングクラス Aコース | main | ペットボトルのサイズの話 >>
8月のソーイングクラス Bコース

20200630-1

 

8月のソーイングクラス、Bコース(中級者向け)は、

「ダブルファスナーポーチ【4】」です。

ビニールコーティングの生地で作ります。

 

20200630-2

 

ポーチのメイン部分と前面にファスナーをつけて、

背面にはオープンポケットをつけました。

 

20200630-3

 

A5のノートが入るサイズ。

 

20200630-4

 

ファスナー口にひっかからない寸法にしたので、

ノートがすっと入ります。

 

20200630-5

 

2冊を奥まで入れたところ。まだ余裕があります。

 

20200630-6

 

マチのない小さめのポーチ類が3つ。

 

20200630-7

 

手前のファスナーポケットにポーチを、

メインポケットにはノートが2冊入っています。

 

20200630-8

 

ファスナーを閉じるとこんな感じになります。

実際にわたしが持ち歩いている荷物です。

 

20200630-9

 

背面のオープンポケットには、仕切りを入れることもできます。

中央にステッチミシンを入れて仕切るとハガキサイズです。

 

20200630-10

 

上の荷物が入った状態でこのくらいはみ出します。

 

20200630-11

 

仕切りなしでA5のノートを入れると少しだけ出ます。

 

ポケット部分は3つありますが、ビニールコーティングの生地は2枚です。

メインポケットと外ポケットは底で「わ」にしてあります。

内袋はつけず、脇をパイピング始末にしています。

 

20200630-13

 

ダブルファスナーポーチのレシピはいくつかありますが、

布帛生地で作ると内袋が必要なのでパーツも工程も多くなります。

ビニールコーティングの場合は裏地なしで作れるので、

ファスナーを2本つける工程がそれほど負担にならないです。

 

8月のBコースは暑さ対策のため、

アイロン作業のないビニールコーティングを使います。

(パイピングでアイロンを使いますが低温で短時間なので大丈夫です)

何を作ろうか考えていた時にA5のノートが入るサイズが必要になり、

ファスナーポケットはもうひとつほしいなぁ、

せっかくだからポケットを後ろにもつけよう、

という感じで構想していったらこんなポーチになりました。

バッグinバッグのように使えます。

 

わたしはメインバッグの中身を軽くするため、

あまり使わないものをサブバッグに入れることにして、

このポーチにぎゅぎゅっと詰めることに。

メインポケットをノート専用にしたのでノートを保護できます。

サブのファスナーポケットはぱんぱんですが、

こまごましたモノがひとつにまとまってすっきりしました。

 

20200630-12

 

教室のキットはこちらの3色で、ファスナーは2本とも同じ色です。

パイピング布は花柄でこちらもそれぞれ色合わせをしています。

花柄が大きいため、キットにより柄の出方が異なりますが、

大きいサイズ一枚で出すので、裁断の時に柄の位置を微調整できます。

各色数量限定となります。

 

8月のソーイングクラスは7月2日(木)からご予約スタートです。

 

 

「マスクの作り方」ブログで公開中(カテゴリ内リンク)

 

◇お買い物はこちらから

 

yurarika web shop

 

 

ランキングに参加しています。

ポチッと応援よろしくお願いします(^^)/


yurarika Facebookページ
facebooklogo

 

インスタグラム

20200117-6

 

 

| ソーイング | 12:51 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ハンドメイドショップブログランキング
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE